UACで昇格 by manifest in C#

アプリケーションの実行時にsuが欲しいときは、app.exe.manifestを使うといいらしい。

from http://blogs.msdn.com/tsmatsuz/archive/2006/11/01/windows-vista-uac.aspx

以下コピペ。WindowsApplication1は変更すること。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8" standalone="yes"?>
<assembly xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v1" manifestVersion="1.0">
   <assemblyIdentity version="1.0.0.0" processorArchitecture="X86" name="WindowsApplication1" type="win32"/>
      <trustInfo xmlns="urn:schemas-microsoft-com:asm.v3">
      <security>
         <requestedPrivileges>
            <requestedExecutionLevel level="requireAdministrator"/>
         </requestedPrivileges>
      </security>
   </trustInfo>
</assembly>

 

で、VS2005とかだとあれこれしなきゃいけない。けど、VS2008からはもっと楽な方法がある。

①とりあえず作ったapp.exe.manifestをプロジェクトに参加させる

②プロジェクトのプロパティ画面を開く

③アイコンとマニフェスト→マニフェスト で app.exe.manifestを選択

以上。楽ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です