Windows Phoneにおける高速なシリアライズについて。

多数のオブジェクトや複雑なオブジェクトをシリアライズ・デシリアライズする際は、パフォーマンスがネックとなります。デシリアライズ処理が速く終わればそれだけ速く操作可能になり、より良好なUXを提供できます。シリアライズ処理が長引くと10秒ルールに引っかかる恐れがあります。というわけで、WPで利用可能な(比較的)高速なシリアライズ手法について。

ただし、今回は時間の計測を行っていません、データどこかにやってしまった。。

see also: neue cc – .NET(C#)におけるシリアライザのパフォーマンス比較 http://neue.cc/2010/05/29_261.html
続きを読む